カウンセリング


提供するカウンセリングの特徴

  • カウンセリングの目標をはっきりと定めるように努力します。
  • 悩みや問題について、一緒に話し合いながら考えていきます。
  • カウンセラーの理解や助言をわかりやすくご説明するように努力します。
  • 知らず知らずのうちに陥っている人間関係のパターンや、
    過去の人間関係の影響を自覚することで、問題の解決を目指します。
  • 症状の改善に必要な場合、医療機関と積極的に連携するように努めます。

    カウンセリングを申し込まれた方の個人情報は、個人情報保護方針に従って取り扱います。
    ご相談内容について、担当のカウンセラーは、臨床心理士倫理規定に基づいて、守秘義務を厳守いたします。

カウンセラーについて

KIPP心理オフィスでカウンセリングにあたる主なカウンセラーは、「臨床心理士」の資格を取得し、様々な臨床経験を経たのち、一般社団法人京都精神分析心理療法研究所のKIPP精神分析心理療法家養成プログラムを受けています。

料金

1回45分 7,000円
2回目以降、収入・条件・カウンセラーにより変動する場合がございます。)
※医療保険対象外

予約方法

完全予約制で、面接日時はご相談に応じます。
当日予約は受け付けておりません。予めご了承ください。

KIPP心理オフィスでは、カウンセリングの受付をKIPP桃山心理オフィスで一括管理していますので、KIPP天満橋心理オフィスでのカウンセリングをご希望の方も、下記のご予約方法でご連絡ください。

◦電話
◦FAX
◦メール
カウンセリング申込フォーム
のいずれかからお申し込みください。

【電話】平日9:00~17:00受付
075-623-0823までお電話ください。
ご希望日時などについてお伺いします。
2~3日のご希望の候補日を挙げていただけるとスムーズです。
※内容をもとに担当カウンセラーを調整いたしますが、調整には2~3日程度を要しますので、ご了承ください。
※留守番電話につながることがございますが、その際は「お名前・ご用件・お電話番号」をお残しください。

【FAX】24時間受付
FAX専用申込書を印刷していただき、必要事項をご記入後、075-623-0823までお送りください。

【メール】24時間受付
info@kipp-u.co.jpまでご連絡ください。
件名を「カウンセリング申込」として、本文に以下の情報をご記入ください。
①お名前(ふりがな)
②性別
③年齢
④住所
⑤電話番号
⑥希望日時
⑦相談内容(書ける範囲で結構です)
※内容をもとに担当カウンセラーを調整いたしますが、調整には2~3日程度を要しますので、ご了承ください。

【申込フォーム】24時間受付
カウンセリング申込フォームから、必要事項を記入していただきご連絡ください。

予約状況等により、ご希望日時に応えられない場合がございます。予めご了承ください。
FAX・メール・申込フォームからご連絡いただいた場合は、3営業日以内に担当カウンセラーからご連絡をいたします。
3営業日以内にご連絡がない場合は、恐れ入りますが、下記の連絡先にお問い合わせください。
ご質問などに関しましても、同連絡先までお問い合わせください。

KIPP桃山心理オフィス
TEL:075-623-0823
E-mail:info@kipp-u.co.jp

カウンセリングまでの流れ

ご予約の受付
 ↓
担当カウンセラーの決定
 ↓
担当カウンセラーより連絡
 ↓
初回面接日時の決定
 ↓
初回面接

初回面接日時の連絡の際に、「カウンセリング相談申込書」と「ストレス反応チェックシート」のご記入をお願いいたします。ご記入いただけましたら、初回面接にお持ちください。

京都方面でお探しの方

KIPP桃山心理オフィス
〒612-8083
京都府京都市伏見区京町4丁目156番地1 桃山ビル4階
アクセスはこちら

大阪方面でお探しの方

KIPP天満橋心理オフィス
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町1丁目7-4 MF天満橋ビル7階B号室
アクセスはこちら

東京方面でお探しの方

KIPP渋谷心理オフィス
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町27-3 星ビル302号室
詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.tokyo.kipp-u.co.jp/

精神分析へのお誘い

精神分析は、来談者の相談内容について、より包括的に取り扱うことができる濃密な心理療法です。

KIPPでは、ニューヨークのウィリアム・アランソン・ホワイト研究所にならって、週3回以上の頻度の精神分析面接を行うケースを精神分析と呼び、それより少ない頻度で行われる精神分析的療法と区別しています。

KIPPでは、精神分析の普及をめざし、KIPP精神分析家養成プログラム訓練生による週3回以上の頻度の精神分析面接を、低料金で提供する特別枠を設けています。訓練生は、精神分析的心理療法家としての訓練と経験を積んでいますので、様々な悩みを相談していただけるほか、心理療法家をめざす方の教育分析を提供しています。

精神分析に興味をお持ちの方は、ぜひお問い合わせください。

相談内容の例

  • 人間関係の問題
    家族問題 親子問題 職場の人間関係 恋愛関係 友人関係 など
  • 子どもの心の悩み
    不登校 飛行 ひきこもり 発達の問題 など
  • 人生の問題
    大切な人との死別 トラウマ 進路選択 生き方について など
  • さまざまな心の悩み
    対人恐怖 うつ 不安 強迫 情緒不安定 心理的な原因と思われる行動や身体の問題 など

    その他、心理的な原因と思われることがらについて、どのようなことでも気軽にご相談ください。
    また、必要に応じて適切な機関をご紹介します。

特別な悩みをお持ちの方へ

KIPP心理オフィスでは、悩みの種類に応じた特別な相談も受け付けています。下記のような悩みをお持ちの方はご相談ください。
ご連絡の方法は、通常のカウンセリングの予約方法と同様です。

組織心理コンサルテーション

先代からの事業継承がうまく進まない、専門職間との連携がうまくいかない、会社の方針が社員に共有されないなど、
組織が抱える問題について、カウンセリング技術を応用しながら、変革に向けたお手伝いをいたします。

顧問:川畑直人
京都文教大学臨床心理学部教授、同副学長、同産業メンタルヘルス研究所副所長
教育学博士、臨床心理士、ニューヨーク・ウィリアム・アランソン・ホワイト研究所精神分析家、同児童・青年心理療法家

聴覚障害相談

聴覚障害児・者やその家族を対象とするカウンセリング、プレイ・セラピー、コンサルテーションを行います。
手話での対応が可能です。

顧問:河﨑佳子
神戸大学発達科学部教授
著書「きこえない子の心・ことば・家族」明石書店、「聴覚障害者の心理臨床」共著 日本評論社

大人の発達障害相談

落着きがない、空気が読めない、計画性がない、整理ができない、特定の業務が苦手で努力しても改善できないなど、背景に発達障害が疑われる課題について、対人関係の課題を中心に、問題の解決策を探ります。
 4回7コマの基本セットでは、初回にお話を聞いた後、知能検査や心理検査を実施し、結果に基づいた解決の方針について計画を立てます。基本セットの内容については、「大人の発達障害相談」のページをご覧ください。
 なお、当オフィスは医療機関ではないため、診断はできません。必要な場合は適切な機関をご紹介いたします。

顧問:川畑 直人
京都文教大学臨床心理学部教授、同副学長、同産業メンタルヘルス研究所副所長
教育学博士、臨床心理士、ニューヨーク・ウィリアム・アランソン・ホワイト研究所精神分析家、同児童・青年心理療法家

KIPP臨床顧問

一丸 藤太郎 Ichimaru. Totaro
 広島・ももやま心理相談室、臨床心理士、博士(心理学)

川畑 直人 Kawabata, Naoto
 京都文教大学臨床心理学部教授、同副学長、臨床心理士、教育学博士

河﨑 佳子 Kawasaki, Ypshiko
 神戸大学発達科学部教授、臨床心理士、教育学博士

鈴木 健一 Suzuki, Kenichi
 名古屋大学教授、臨床心理士、博士(心理学)

鑪 幹八郎 Tatara, Mikihachiro
 京都文教大学前学長、臨床心理士、教育学博士

占部 優子 Urabe, Yuko
 京都駅前サイコセラピールーム 精神分析家、精療クリニック小林 精神科医

山本 雅美 Yamamoto, Masami
 武蔵境心理相談室、KIPP渋谷心理オフィス、臨床心理士

横井 公一 Yokoi, Koichi
 微風会浜寺病院、医師、精神科専門医、臨床心理士